Home > 事業内容

事業内容

道東の飼料基地

 日本の食糧基地である北海道では、広大な土地を生かした大規模な農業生産が行われています。中でも基幹的産業である畜産・酪農業の中心となるのが、道東・道北地域。そして、 この畜産・酪農業の基盤をしっかりと支えるのが、配合飼料・単味飼料です。
 当社は、その飼料用穀物原料の供給基地として、サイロ・倉庫の保管機能を最大限に活用して安定供給に貢献しています。

グローバルな視野

 我国では、飼料原料の大半を海外からの輸入に依存しています。
 飼料穀物の輸入先は、アメリカを中心としてカナダ、ブラジル、アルゼンチン、オーストラリア、インドネシアなど全世界に及んでいます。 特にアメリカでは、全農系列のサイロ会社を拠点とした穀物の集荷から積出まで、一貫した荷捌き体制による合理的な供給体制が完成しています。

飼料穀物の輸入は30,000~50,000㌧クラスの大型貨物船によるバラ貨物輸送が主体です。

【全農グレイン株式会社】
所在地:本社/アメリカ・ルイジアナ州ニューオリンズ
エレベーター/アメリカ・ルイジアナ州
保管能力:105,000㌧

【コンソリディテッド・グレイン・アンド・バージ社】
所在地:本社/アメリカ・ルイジアナ州
カントリーエレベーター
リバーエレベーター

取扱品目

配合飼料または単味飼料となる原料の種類は、とうもろこし、大麦などの粗粒穀物を中心に40種類以上にもおよびます。

とうもろこし

とうもろこし

大麦

大麦

ルーピン

ルーピン

ふすまペレット

ふすまペレット

アルファルファペレット(機械乾燥)

アルファルファペレット(機械乾燥)

グレインスクリーニングペレット

グレインスクリーニングペレット

ビートパルプペレット

ビートパルプペレット

大豆ミール

大豆ミール